お母さんの予防歯科

妊娠中の方へ~マタニティ歯科について~

お母さんのお口の健康が、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えることがあることをご存知ですか? たとえば歯周病は、その原因菌が陣痛に似た筋肉の収縮を引き起こすことがあり、早産や低体重児出産のリスクを高めるといわれています。

しかし、妊娠中はホルモンバランスが変わることで口腔内環境にも変化が生じ、普段に比べて虫歯や歯周病になりやすくなる時期でもあります。そのため、妊娠中こそ歯やお口のお手入れを慎重に行わなければなりません。

当院では、妊娠中の方にも安心して診療をお受けいただくために、妊婦さんのためのマタニティ歯科に対応しています。麻酔や処方薬など、お腹の赤ちゃんに悪影響とならないよう十分に配慮しますので、どうぞ安心してお越しください。

妊娠中の歯科治療に適したタイミングは?

妊娠初期(1~4ヶ月) 妊娠中期(5~8ヶ月) 妊娠後期(9ヶ月~)

切迫流産の可能性があるため、緊急を要さないかぎりこの時期の治療は控えます。

なお、当院ではできるだけストレスをかけることのないよう、この時期には歯石の除去などもあまり深くまで行わず、ブラッシング指導などご自宅でできるケアについてのアドバイスを行っています。

特別な治療以外は問題なく行える期間です。悪い箇所はこの時期にしっかりと治療してしまいましょう。

この時期になれば、患者様の健康を考えながら、歯石の除去などもしっかりと行います。

この時期になると陣痛が起きる可能性があります。基本的にはこの時期に入るまでに治療を終わらせ、さらに治療が必要な場合は産後の治療を検討します。

育児中のお母さんへ

マザーズデーについて

医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院では、毎週火曜日・水曜日の午前中を、「マザーズデー」としています。保育士の資格を持つスタッフが親御さんの治療中にお子様と一緒にお待ちする日です。お子様には、ゆったりと楽しい気持ちでお待ちいただくことを、親御さんには、心からリラックスして治療をお受けいただくことを大切にしています。もちろん、お母さんだけでなくお父さんにもご利用いただけますので、お気軽にお申しつけください。

お子様のお口の健康をキープするために

「子どものお口の健康を守りたい」そう思ったら、まずは親御さん自身のお口の健康をキープすることが大切です。親御さんがお手本となってお口のケアを行い、予防のために歯科医院へ通う姿をお子様に見せてあげてください。そうすれば、お子様にとって歯科医院は、「痛い治療を行うところ」ではなく「お口の健康を守るために通うところ」となるはず。虫歯や歯周病などの病気に一生悩まされずに過ごすことができるかもしれません。

当院としても、お子様に「定期的に通う楽しいところ」という認識を持ってもらえるよう、マザーズデーをはじめとしたさまざまな工夫を凝らしてお待ちしています。ぜひ、親子揃って当院へ通う習慣をつくってみてください。

食育について

食事はお子様の成長と切っても切り離せないもので、歯の健康にも深くかかわりがあります。健康的な口腔内環境を保つためには、好き嫌いをせず、バランスのいい食事をとることが一番。お子様は甘いものが好きですが、過度に与えすぎず、おやつの後などもしっかりと歯みがきをするように習慣づけてあげましょう。

PICK UP 砂糖はいろいろな食べ物・飲み物に含まれている!?

糖分は虫歯の原因になるため、できるだけ避けている親御さんも多いと思います。しかし思わぬ食べ物・飲み物にたくさんの砂糖が含まれていることも……。おやつや間食でとっていい砂糖の量は、スティックシュガー3本分が目安です。以下の表を参考におやつの内容や量を考えるようにしてください。

【食べ物・飲み物に含まれるお砂糖の量をスティックシュガーにたとえると……】

メロンパン(120g):4本分 大福もち(90g):3本分 チョコレート(36g):2本分
アイスクリーム(120g):3本分 ヨーグルト(125g):2本分 炭酸飲料(500ml):7本分
スポーツドリンク(500ml):4本分 野菜ジュース(200ml):2本分 豆乳飲料(200ml):3本分

神奈川県小田原市|診療予約|医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院

ページの先頭へ戻る