虫歯治療(歯が痛い・しみる)

歯の痛みは虫歯のサインかもしれません

「歯が痛い」「冷たいものが歯にしみる」などの症状はありませんか? これらの症状は多くの場合、虫歯が原因となっています。気になる症状は放置せず、早めに診察を受けましょう。

虫歯の原因は何?

虫歯になる原因の一つとして、「歯垢の付着」が挙げられます。歯垢は歯の表面・歯の付け根・隣の歯との隣接面などにネバネバした状態で付着しており、内部には虫歯の原因菌が棲みついています。

そして、虫歯菌が糖分を分解して酸を生成し、この酸が歯を溶かすことで「虫歯」になってしまいます。そのため、虫歯予防には「歯垢の除去」がもっとも大切。食後すぐの歯みがきを徹底することはもちろん、定期的に歯科医院を受診し、専門家によるメインテナンス受けることがとても重要なのです。

虫歯の進行段階

虫歯は以下のような症状を伴いながら進行していきます。進行するにつれ、治療の負担も大きくなっていきますので、少しでも違和感を覚えたら早めに治療することが大切です。

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院の虫歯治療

ダイアグノデント

ダイアグノデントは、レーザー光を歯に照射して数値や音によって歯質の変化・虫歯の有無を調べる機器で、肉眼だけではなかなか発見しにくい奥歯の溝の診断などに有用です。また、歯の再石灰化の測定もできるので、クリーニングやフッ素塗布の効果を確かめることもできます。

AS(エアロステーション)

強力なパウダー噴射により、小さな虫歯を除去する機器です。不快な振動・音・熱などが発生しないので治療中の不快感を抑えることができ、歯を削る量も抑えることができます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、熱エネルギーの照射により歯ブラシの届かない部位まで殺菌ができる機器です。さらにレーザーによって歯質が強化される他、フッ素の浸透もよくするという効果があります。

PICK UP 拡大鏡を使った正確な根管治療を行っています

虫歯が神経まで到達してしまうと、従来ならば抜歯する必要がありましたが、現在は「根管治療」によって歯を残すことが可能になりました。しかし根管治療は、微細で複雑な形状をした根管内を手探り状態で洗浄・消毒する必要があり、非常に難しい治療と言えます。また、治療後の歯が長持ちするかどうかは、根管治療が確実に行えたかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。当院の根管治療では、拡大鏡を用いた正確な治療を行っています。どうぞ安心してお任せください。

虫歯は何よりも、かかってしまう前の予防が大切です。当院では予防歯科メニューを充実させていますので、どうぞお気軽にご来院ください。

予防歯科について 詳しくはコチラ!

神奈川県小田原市|診療予約|医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院

ページの先頭へ戻る