インプラント

インプラントってどんな治療?

「インプラント治療」と聞いても具体的にどのような治療なのかピンと来ない方も多いのではないでしょうか? また、「通院が大変」「治療費が高い」などのマイナスイメージを持たれる方もいらっしゃることでしょう。

インプラント治療とは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療。インプラントを直接骨に埋め込むため自分の歯のようにしっかり噛むことができ、噛む刺激が骨に伝わるので顎が痩せていく心配がありません。また、治療後の違和感や痛みもほとんどなく、日常生活を快適に過ごすことが可能です。

失った歯を放置しているとどうなるか?

歯を失ってしまっても、たった1本ぐらいなら特に支障はないだろう――そんな考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか? たった1本であっても、歯を補わずに放置しておくと多くのリスクを伴い、口腔内だけでなく、体全体に悪影響をおよぼすことだってあるのです。

歯を失った際の影響

審美面

  • 抜けた歯と噛み合っていた歯が伸びてくる。
  • 抜けた歯と隣り合っていた歯が傾いてくる。
  • 全体の噛み合わせがずれてくる。
  • 噛み合わせがずれることによって歯みがきがしにくくなり虫歯・歯周病になりやすくなる。
  • 噛み合わせがずれることによって局所的な負荷が大きくなり顎関節症になりやすくなる。

審美面

  • 見た目が悪くなる。
  • 顎の骨が痩せることで歯ぐきも痩せ、歯ぐきが下がってくる。
  • 歯ぐきが痩せることで頬がこけたり顎がたるんだりしてくる。前歯を失った場合は口元にしわが寄りやすくなる。

生活面

  • 食べものをうまく噛めないため丸飲みしがちになり、胃腸に負担がかかる。
  • 発声がうまくできなくなることがある。
  • 噛む刺激が脳に伝わりにくくなり、脳の老化を早める可能性がある。

インプラントと他の治療の比較

歯を失った際の治療としては、主に以下の3つがあります。インプラントにするか、入れ歯やブリッジにするかお悩みの方は、ぜひ以下をご参考のうえ、ご検討ください

インプラント
入れ歯(保険適用の場合)
ブリッジ
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • ・見た目が自然で美しい
  • ・違和感がない
  • ・硬いものでもしっかり噛める
  • ・周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • ・金属アレルギーの心配がほとんどない
  • ・治療期間が短い
  • ・治療費が安く済む
  • ・見た目が自然
  • ・違和感が少ない
  • ・使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • ・治療費が比較的高い
  • ・外科手術が必要になる
  • ・全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • ・見た目がよくないことがある
  • ・しっかり噛むことができないことがある
  • ・違和感があることがある
  • ・バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • ・手入れをする必要がある
  • ・使っているうちに合わなくなることがある
  • ・両脇の歯を削る必要がある
  • ・支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院では、各治療のメリットやデメリットをお伝えし、患者様とじっくりと相談したうえで治療を決定しています。なお、インプラント治療を選択された際は、患者様の状態に合わせて身体的負担をできるだけ抑えた治療を実施しますが、それでもやはり外科手術をネックに感じられ、入れ歯やブリッジを選択される方もいらっしゃいます。

インプラント治療のご相談にお越しいただいたからといって、無理にインプラント治療をおすすめするようなことは一切ありませんので、どうぞ安心してご相談ください。

治療内容をご紹介します。

神奈川県小田原市|診療予約|医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院

ページの先頭へ戻る