インプラント治療後のメインテナンスの重要性

インプラントは治療後が重要

インプラントは治療が終了したらそれですべて終了、というわけではありません。むしろ治療後からが重要で、定期的な健診や日々のケアを怠ってしまうとせっかくのインプラントをダメにしてしまうことがあるので、十分な注意が必要です。

インプラントがダメになってしまう主な要因

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、歯垢・歯石に潜む歯周病菌を原因とする歯周病と同様の病気で、歯ぐきの腫れ・出血・インプラントのぐらつきなどを引き起こします。最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまいます。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりは非常に強い力が加わってしまうため、インプラントの上部構造のすり減り・欠けなどを引き起こしてしまいます。これだけで済めばまだよいのですが、インプラントと骨の結合部が破壊されてしまうと、インプラントを支えることができず、ついには脱落してしまうこともあります。

インプラントを長持ちさせるためには

定期的なメインテナンス

歯科医院ではご自宅での歯みがきなどでは除去しきれない汚れを落とすためのPMTCや噛み合わせのチェックなどが受けられます。ご自身でのケアを過信せず、決められた間隔で定期的にプロの手による処置を受けることが大切です。

ご自宅でのケア

インプラント治療後も天然の歯と同様に、食事後はきちっと歯みがきをしましょう。特にインプラントと歯ぐきの境目には汚れが溜まりやすいため、念入りなケアが必要です。歯ブラシ以外にも歯間ブラシやデンタルフロスなどの併用をおすすめします。

インプラントの保証について

当院では、これまでのインプラント治療実績をもとに、インプラント治療に10年の保証を設けています。詳しい内容はスタッフまでおたずねください。なおこの10年保証は、3ヶ月に1度、しっかりとインプラントのメインテナンスにお越しいただくことが条件となります。インプラントを長持ちさせるためにも、ぜひ定期的なメインテナンスを心がけてください。

神奈川県小田原市|診療予約|医療法人ハッピースマイルほたるだ歯科医院

ページの先頭へ戻る